JR茨木駅西口徒歩約1分お気軽にお問い合わせください

閉じる

抗うつ薬

大阪府茨木市のみつだクリニックです。

うつ病・抑うつ状態の薬物療法には、抗うつ薬が一般的に用いられます。以下に、一般的に使われる抗うつ薬について説明します。

 

  1. セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI):セロトニンという神経伝達物質の再取り込みを阻害することで、神経細胞間のシグナル伝達を改善し、うつ病症状を軽減する効果があります。代表的なものに、セルトラリン(ジェイゾロフト)、パロキセチン(パキシル)、フルボキサミン、レクサプロ、トリンテリックスなどがあります。各薬剤ごとに異なりますが、うつ病・抑うつ状態の他、強迫性障害やパニック障害、社交不安障害などに適応が通っていたりしますので、合併症状の有無など個別性の違いによって処方の使いわけをしたりします。

  2. 三環系抗うつ薬:セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質の再取り込みを阻害することで、うつ病症状を改善する効果があります。代表的なものに、アミトリプチリン(トリプタノール)、クロミプラミン(アナフラニール)などがあります。SSRIと比べると強力ですが、副作用が強いため、近年では処方例は少なくなってきています。

  3. セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI):セロトニンのほかノルアドレナリンという神経伝達物質の再取り込みを阻害することで、うつ病症状を改善する効果があります。代表的なものに、ベンラファキシン(イフェクサー)などがあります。セロトニンのほか、ノロアドレナリンの再取り込み阻害効果があるので、集中力改善などの効果はしっかりとある印象です。

また、いわゆる抗うつ薬のほか、不安や自律神経症状、不眠などの合併症状により抗不安薬や気分安定薬、睡眠導入剤などを併用する場合もあります。これらの薬物療法は、個人差がありますので、医師と相談した上で、適切な薬物療法を選択するようにしましょう。

 

薬物療法でお困りの場合にも大阪府茨木市のみつだクリニックまでお気軽にご相談ください。

 

2023.4.14.

診療時間・担当医

診療時間
9:30〜13:30
16:00〜19:00

:午前9:00~13:00 午後14:00~17:00

■:午後16:00~20:00

★:第2・4月曜日は午後無し

診療時間
9:30〜13:30 光田 光田 光田 光田 非常勤 光田 ※2 光田
16:00〜19:00 光田 非常勤※1 光田 光田 非常勤 光田 ※2 光田

非常勤:宮本・髙屋
※1:火曜日:光田・非常勤の2診体制
※2:土曜日:第1・3・5光田/第2・4非常勤

診療時間・担当医

診療時間
9:30〜13:30
16:00〜19:00

:午前9:00~13:00 午後14:00~17:00

■:午後16:00~20:00

★:第2・4月曜日は午後無し

診療時間
9:30〜13:30 光田 光田 光田 光田 非常勤 光田 ※2 光田
16:00〜19:00 光田 非常勤※1 光田 光田 非常勤 光田 ※2 光田

非常勤:宮本・髙屋
※1:火曜日:光田・非常勤の2診体制
※2:土曜日:第1・3・5光田/第2・4非常勤